プロミスは総量規制の対象となるか?

消費者金融

プロミスと総量規制について

金融業者からの融資を受ける際に、融資の限度額というものが人それぞれで変わってくるのをご存知でしょうか?
もちろん、利用をする企業によっても金額が変わってくるのは当然ですが、利用者の状況によっても変動してきます。

日本には”総量規制”と呼ばれる、融資額の上限を定めた法律が存在しています。
総量規制とは、融資を希望する人の年収によって上限額を設定するものであり、年収の3分の1までとされています。
また、こちらの法律は2010年の6月より施行された法律であり、それ以降の新規の契約はもちろん、それ以前に契約をしていた人に対しても上限額の減額等が適応をされ、その上限を超えるような追加での融資が受けられなくなりました。

また、総量規制の対象はすべての融資ではありません。消費者金融や銀行系の金融業者、クレジットカードを利用したキャッシング枠が対象となり、銀行から受ける融資やクレジットカードを利用する際にもショッピング枠での買い物に関しては対象外になります。

総量規制が施行された背景には、消費者金融やクレジットカードを利用したキャッシングなどの支払をすることが出来なくなり、自己破産をする人や、支払の為に闇金などの悪徳業者に手を出してしまい、その過激な取り立てから自らの命を絶ってしまう人が増えてしまったという事があります。あまりにも多くの被害が出た事もあり、その対策・抑制の為に改正賃金業法と併せて総量規制が導入をされました。

また、この総量規制は一社ごとの借り入れ限度額が対象になるのではなく、契約をしている金融業者(銀行をのぞく)すべての融資の合計額になってくるので、複数社との契約を結んでいる人は特に注意が必要です。今一度自身の契約をしている金融業者との契約内容を見直してみてください。

総量規制が適応をされることになってから、大きなニュースになるような借金問題は軽減したものの、多重債務者や闇金とのかかわりをもつ人というのは、未だにいなくなったわけではありません。お金の関わる問題というものは大きなリスクを背負っているという事を忘れないようにしてください。

結局プロミスのキャッシングはというと、総量規制の対象となる金融サービスということになりますので、年収額の3分の1を超えれば借入不可能ですし、他社ですでに3分の1に迫る金額を借りていれば、融資を受けられる金額に制限がつくことになります。

↓今すぐプロミスに申込をするならこちら↓
468*60

↓女性の方はこちら↓
300x50スマートフォン用