プロミスの審査基準はどのくらい?

審査

プロミスの審査基準はどのくらい?

金融機関の審査基準はそれぞれで異なるので、自分が審査に通過できる基準を設けているところに申込みたいものですよね。
キャッシングで人気のプロミスはいったいどのぐらいの審査基準を設けているのでしょうか?

はっきりとした審査基準は公開していない!

残念ながら、プロミスでも他の消費者金融でも、はっきりをした審査基準は公開していません。
ですがキャッシングに申込むには、最低限必要な条件に当てはまっている必要があります。

プロミスのフリーキャッシングに申込むために必要な条件は、以下の通りです。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定した収入がある

主婦でも学生でもアルバイトで安定した収入があれば申込むことができますが、専業主婦は申込むことができません。
ただし、これはあくまでも申込むために必要な条件であって、審査に通過するかどうかはまた別の問題になります。

審査基準のボーダーライン

はっきりとした審査基準は不明でも、審査結果を分けるボーダーラインはあります。

  • キャッシング借入先が3社以上
  • キャッシング利用が年収の3分の1にまで達している
  • 今の職場に入社して6ヶ月以内

この条件に当てはまっていると、どんなに収入がよくても審査通過は難しくなります。
本審査では各属性に点数を付けていって、総合した点数によって審査を通過するかいくら融資を受けられるかが決まります。

大事なのはボーダーラインに触れていないことと、属性スコアリングでプロミスが求める基準に達していることです。
アルバイトや派遣で落とされてしまったと嘆いている人もいますが、実際に審査通過して融資を受けている人もたくさんいます。

確かに正社員じゃないと審査面での評価は低いですが、他の面で点数を稼いで信用を積み重ねていけば十分に可能性はあります。
審査に落ちた人は、一度自分の属性を総合的に見て、マイナス要素がどれだけあるのか客観的に見てみるといいでしょう。

プロミスは審査が厳しい?

プロミスは審査が厳しいと思っている人も多いようですね。
でも、実はそんなことはありません。
プロミスは意外と柔軟な対応を見せてくれる消費者金融なんです。

アルバイトやパートでも融資可能

プロミスでは申込に年収の制限もありませんし、毎月安定して収入があるなら、アルバイトでもパートでも、派遣社員でも申込が可能です。
個人事業主でも生計費や事業費使用目的で、フリーキャッシングが利用できます。
もちろん、担保や保証人も必要ありません。

現在の借入額が総量規制に達していない、勤続年数や居住年数も長い、過去に金融事故を起こしたことがないという人なら、収入に見合った金額を借りられる可能性が高いです。

審査は甘いわけではない

プロミスは融資に関しては色々と柔軟な対応を見せてくるとは言え、審査が甘いわけではありません。
これはプロミスに限ったことではありませんが、改正貸金業法の施行以来、消費者金融の審査は厳しくなっています。

特に重視されるのが、多重債務についてです。
多重債務とは複数の借入先があって支払い困難になっている状態を差すのですが、キャッシングが3社以上あれば多重債務者、もしくは予備群として扱われ審査に落ちてしまいます。

プロミスのような大手は、この多重債務に非常に厳しい基準を持っています。
ですからキャッシングを3社以上から借りている人は、例え総量規制以内の債務であっても審査に落ちる可能性があるのです。
多重債務でプロミスの審査に落ちたからといって他の消費者金融に片っ端から申込む人もいますが、他の会社もほぼ同じような基準を設けている可能性もあります。
多重債務が原因だと思う人は、まずは一番金額の少ないところから減らしていく努力をしてみましょう。