カードローンを申し込みする際

カードローン申込

カードローンを申し込みする際

カードローンの申込時、限度額50万円と結果が出た場合、「いえ、20万円だけでいいんです。」という人がいるんですが、この50万円というのは、個人に対しての限度額ではなくて、今日の申込みに対しての今日の個人の状況での限度額なのです。
昨日、50万と言われたから、後日に「やっぱり増額をしたいな」と思っても、次の申込みでは限度額が20万しか出なかったり、お断りされたり、そんな可能性も多分にあります。

限度額が変わるのは、個人の状況が変わった場合は、もちろんのこと、その会社の基準が勝手に知らない間に変わる場合もあります。
各々の会社の基準は、公開などされない機密情報ですので、知らない間に変われば、同じ仕事をして同じだけ稼いでいても、変化したりするわけです。その日に出た最大限の限度額で、契約しておいた方がいいと思います。
いくら使うかは、自分で節制すればいいだけですし、利息も使った分だけですから、何故20万円でいいと言うのか、全く理屈がわかりません。
それから、生活保護を受けていることを豪語される方がいます。大阪では、普通の感覚なのでしょうか。
逆の立場だったら、その人に貸して利子をつけて返ってくるとは思えないでしょう。

生活が苦しいということでしたら、年利の高いカードローンなどしてはいけないと思います。
市役所や公的な機関に相談された方がいいと思います。